クロコダイル・オーダーメイド

はじめに・目次

ガウディは、[プロの提案&わがまま対応]オーダーメイド。

“御用聞き”スタイルのオーダーメイドでは、本当に満足のいくものはできません。
ご要望をじっくりうかがい、プロとしてのご提案をさせていただくのが私たちのスタイル。クロコダイルの魅力、本質をご理解いただきながら工程を進めてまいります。

一つひとつのステップを重視するので、少々時間がかかる場合もありますが、ただ、できあがるのを待っているのではなく、私たちと一緒に創り上げる喜びを味わっていただきたいと思います。

無理難題、大歓迎!とまでは申しませんが、創造意欲がかきたてられるわがままは大歓迎です。

<アイテム別ご紹介とご注文のご案内>

ガウディと他社 オーダーメイドの比較

クロコ イル革
ガウディ他社
  • ■関連親会社「堀内貿易」の供給サポートにより世界基準でも高品質のクロコダイル革を安定的に使用。
  • ■ジャケット、ブルゾン、コートなどの製作については、ガーメント加工という柔らかさを追求した加工を採用。
  • ★オーダーメイド製作で一番重要な革は品質が安定しており、日本一のバリエーションがあるので、選択肢が多い。
  • ★製作するアイテムに合うサイズの革使用が可能なので、綺麗な柄にすることができる。
  • ■クロコダイル革の仕入れに苦労しているため革の品質が不安定となり、製品の仕上がりにバラツキがある。
  • ■革のサイズも比較的大きなものが多いために財布や靴などの場合,大柄な模様になるケースが多い。
  • ■反対に製作する品物に対して革が小さすぎて、革を無理に引っぱったり、剥ぎ合わせたりするなどして製品を使用していて何らかの支障をきたすこともある。
  • ★クロコダイル革の品質に安定感がないことで、見栄えや経年変化が起こらないなど、満足感を得られない商品になってしまう可能性が大きい。
カラー
ガウディ他社
  • ■財布など小物用だけではなく、バッグ、靴などアイテムに合ったベストな革、カラーの提案ができる。
  • ■グレージング、マット合わせて50色以上を常時在庫している。
  • ■特別色と呼んでいるオリジナルカラーの開発力がある。
  • ■基本的にすぐ手に入る黒や茶が多い。
  • ■1カラー30枚以上必要な染色ロットをカバーすることが難しいためにカラーバリエーションを増やすことができない。
  • ■タンナーとの距離が遠いために、独自にカラーを開発することができない。
  • ★たまたま気に入るカラーがあっても、製作するアイテムとの兼ね合いがうまくいかず、極端に大柄になってしまうことがあり得る。
製作背景 (職人)
ガウディ他社
  • ■先祖代々クロコダイル革製品作り手掛ける専門職人による製作。
  • ■作り手が素材の特徴を知り尽くしていることで、見た目以上に耐久性などに気を配った部位の選択を行う。
  • ■製作の難易度の高いものは模型を作り、ケースバイケースでお客様に確認して頂いたり、ジャケット、ブルゾン、コートなどは仮縫いを行い、本製作に万全を期す。
  • ★クロコダイル革専門職人による製作のため、安心して任せることができる。
  • ■基本的に量産するための職人が多い。
  • ■クロコダイル革製品専門と言うよりは、多くの他の素材でも製作しているケースがあり、クロコダイル革の下加工において革漉きなど、充分に行えていないケースがある。
  • ★想像よりも安価な製品に見えてしまうこともあり得る。
  • ★見た目は問題なさそうでも使用してから問題が生じることもあり得る。
納期
ガウディ他社
  • ■製作の難易度、職人の状況などにより異なるが、財布などの小物バッグで2〜3ヶ月、靴、ジャケット、コートで3〜4ヶ月。
    時間はかかってもご満足頂けることを最優先に考えている。
  • ★長く待った甲斐があった思える完成度の高い製品に仕上げることができる。
  • ■比較的早いケースが多い。反対に1年とか長くかかる場合もある。早く手に入れることができる。
  • ★期待していたよりも劣る製品に仕上がる可能性が大きい。
価格
ガウディ他社
  • ■クロコダイル革のクオリティー、職人の経験に蓄積された技術の高さ、そして模型のアレンジ等による安心感から、仕上がった製品は割安感を感じることができる。
  • ★それだけ長く愛用できる製品となりえる。
  • ■量産職人のため、比較的安いケースが多々見られる。
  • ★安かろう悪かろう製品になる可能性が大きい。
対応力
ガウディ他社
  • ■製作の可否をすぐに判断し、概算のお見積り額をご提示。
  • ■できない場合でも代替案をご提示。※電話やメールでも対応可
  • ■オーダーメイド実績の中からご要望に近いケースの実例をお見せすることができる。
  • ■クロコダイル革という素材の特性を知り尽くしていることで、見た目の綺麗さだけではなく、お使いやすさ、長年使用を前提とした耐久性など、プロとして、納得頂けるように説明できる。
  • ★製作上難易度の高いケース、ジャケット、ブルゾン、コートなどは職人同席で打ち合わせをする。
  • ★素早く、丁寧に対応することで、お客様ご自身も実現性の判断をすぐに行うことができる。
  • ■製作の可否判断、お見積り提示に時間がかかる。
  • ■職人とのコミニュケーションがうまくできないことでお客様のご要望を精度高く実現することができない。
  • ★時間がかかることで、不安になり、実現性の判断が先送りになってしまう。
提案力
ガウディ他社
  • ■カラーに迷われている場合、実際の革をご自分の目で見て頂きながら、経年変化などを含めてベストな提案をさせて頂く。
  • ■クロコダイル革という素材の特性をより活かした作りや部位の選別をご提案することができる。
  • ■より使い勝手がよく、長持ちする設計を提案することができる。
  • ★クロコダイル革を知り尽くしたプロの提案で安心頂ける。
  • ■革、カラーのバリエーションがそんなにないために満足できる提案ができない。
  • ■適切な提案もなく、お客様の言われたままに製作に入ってしまう。
  • ★実際にどのようなモノに仕上がるか不安になる。

⇒はじめに・目次

オーダメイドご対応事例 1

自分の気に入っているバッグをそのままの大きさ・形で、クロコダイルで製作してほしい。

新潟県のSさん。お電話でお問合せいただきました。

お問合せの動機

昔から知っているバッグ店に欲しいバッグの詳細を伝えたところ、オーダーメイドで製作するしか方法はないのではと言われて、インターネットで調べてガウディを見つけた。

ご依頼内容

自分の気に入っているバッグをそのままの大きさ、形でクロコダイルで製作して欲しい。

ご対応手順と内容

  1. 1.まずどのような形,デザインのバッグかを知るために携帯メールでバッグの写真を角度を変えて何枚か頂いた。
    ※そのバッグはワニ革と一部牛革を使用しているコンビバッグでワニ革の部分は「カイマン」とわかるものを使用おそらく量産品で低価格帯のものと思われました。そのあたりをよくご説明させて頂きました。

    ★GAUDIEの強味:ワニ革全般に精通しているからこそ、見分けることができる

    ☆お客様の反応:ワニ革の種類よりもバッグの形やカラーの方に関心が高いようでした。

  2. 2.次にカラーのご希望をお聞ききし、赤、ボルドー系がお好みとのことで明るめ「シャングリア」と落ち着いた「ボルドー」のカラー写真をメールでお送り致しました。
    その際、意見を求められたので、大変失礼ながら、ご年齢的に「シャングリア」は明るすぎること、お待ちのバッグカラーになるべく近いものと言うことで「ボルドー」に決まりました。

    ※カラー重視ということで、バッグ用サイズでカラーバリエーションの多いシャムワニのカラーをご提案させて頂きました。

    ★GAUDEIの強味:ご予算やカラー、柄などのご希望に沿った形の種類やサイズの選択ができる。

    ☆お客様の反応:ワイン色の明暗には多少神経質になられていたようで、その意味で2色ご提案したことで、ご安心頂けたように感じました。

  3. 3.お見積り書、デザイン画兼製作仕様書をお作りし、メールでご検討、ご確認頂きました。
    ※デザイン画を作成するにあたり、頂いたバッグの画像で不鮮明であったサイドポケットのデザイン、金具の色ご希望でショルダーが不要とのことでしたので、持ち手の立ち上がり寸法をメールと電話で確認させて頂きました。

    お見積り書、デザイン画兼製作仕様書
    サイドポケットのデザイン3をお選び頂きました。
  4. 4.職人との打ち合わせによって本製作前に型サンプルを作成。
    ※場合によってはお客様に見て頂くが、今回はその必要なしと判断し、GAUDIE内部で確認。

    ★GAUDIEの強味:専属の職人がいることによって、1本1本のバッグをお客様のご希望に沿う形で作り上げることができる。

  5. 5.約1ヶ月後に完成、納品させて頂きました。
    ※8月末という職人さんがそこまで忙しくなかったこと、珍しいデザインでありましたが、作り上難しくはなったので、比較的早く仕上がりました。

完成品の写真

制作価格

約40万円

対応所感とお客様のコメント

電話やメールでのやりとりでの製作ということで、お客様に不安を抱かせないように必要に応じて細かく確認しながら進めた。
元々お持ちのバッグがカイマンを使用した牛革とのコンビバッグで比較的低価格帯のものであったために全てクロコダイル革を使用したオーダーメイドとは言え、高くなりすぎないように1枚革で製作するよう工夫した。
※柄に拘る場合はどうしても2枚の革を使用することになる。
女性のお客様の場合、クロコダイル革の種類よりもカラーにより関心があることを改めて感じた。

◎お客様より
先程届きました。大変気に入りました。大事に使わせて頂きます。 ありがとうございました。

⇒はじめに・目次

オーダメイドご対応事例 2

大きくてしっかりした作り、しかもスマートに見えるダレスバッグはできないか。

神奈川県のT.Mさんよりお問合せいただきました。

お問合せの動機

ビジネス使用のためにダレスバッグに興味があり、一度サロンで実物を見てみたい。

ご依頼内容

職業柄、仕事時に持ち歩くモノのボリュームが多く、A4クリアホルダーやiPADなども含まれ重くなるために大きくてしっかりした作りのダレスバッグが望ましいと考えているもののダレスバッグは見た目、特に持ち手がごつく見えるので、よりスマートに見えるビジネスバッグタイプがいいか迷っている。

ご対応手順と内容

  1. ■1回目のご来店
    ダレスバッグを仕様変更してのオーダーという可能性に対応するため予めバッグの職人に同席してもらって接客した。
    ※ダレスバッグは通常のバッグとは異なり、特殊な作りのバッグなため、専門に手掛ける職人による製作となる。

    ★GAUDIEの強み:難しい作りのバッグであっても、トライすることができる製作職人背景があること。

  2. 1.まずダレスバッグの実物を手にとってご覧頂いた。

    ダレスバッグ

    ☆お客様の反応:やはり実物はすごい迫力ですね、と驚かれる。
    ただやはり頑丈なバッグのため、持ち手(ハンドル)などごつく見えるところが気になられているご様子。

  3. 2.次にガウディのオーダーメイドで製作した実績のあるビジネスバッグ、ブリーフケースの画像をいくつかお見せした。

    ☆お客様の反応:想像以上にスマートな見た目でかなり迷われている様子。

    ★GAUDIEの強み:オーダーメイドバッグの長年の実績があることで蓄積された画像データの中から適したデザインのものをお見せすることができる。

  4. 3.お客様よりダレスバッグの持ち手(ハンドル)をビジネスバッグの2本手に変えられないかとのご質問。
    職人よりご変更可能であることをお伝えした。

  5. 4.ダレスバッグの頑丈さを維持した作り方でデザインを変更するという方向をご提案。

    ☆お客様の反応:それが一番理想的と言うことで、好みのデザインのご検討をお約束頂く。

  1. ■2回目のご来店
    1.ご検討後、デザインはルイヴィトンのタイガバッグをベースと決められた。

  2. 2.サイズをはじめ マチ幅、内装仕様、持ち手の形状など製作に関わる全ての詳細を打ち合わせた。 ※特に収納力と耐久性については、特段の気を配り、表裏両面にプラスチック素材を入れたり、マチ幅4cm 広げて15〜16cmになるように製作。

  3. 3.設計、仕様を再度確認し、正式ご注文確定製作仕様書添付。

  4. 4.納期について約2ヶ月(8月末)とご提示したが、お客様の方から更に2週間ほど後の9月13日というご希望。※9月13日という日は大吉日

  5. 5.製作に入り、職人よりお客様のご希望通りに製作した場合、ファスナーの開きが充分でないため、お使い勝手があまりよくないのではという心配から当初予定していた「天ファスナー」から片側のマチまで下す「L字型」に変更。内容を電話とメールでご説明し、了解を頂いた。

    ★GAUDIEの強み:製作途中であっても、各プロセスでお客様のお使い勝手に気を配った対応が可能。

完成品の写真

制作価格

約150万円

対応所感とお客様のコメント

ご希望のベースがダレスバッグということで、初回の打ち合わせから職人に同席してもらって対応。デザイン性と実用性を兼ね備えたお客様が望まれるバッグをほぼ100%近い完成度で作り上げることができた。
製作の難易度が高いバッグであったため、その分予想以上の時間もかかったが、無事9月13日に間に合わせることができた。

⇒はじめに・目次

オーダメイドご対応事例 3

現在使用中の財布と同じサイズ感のラウンドファスナーをオーガナイザーのような仕様でつくりたい。

京都府のH.Kさん。メールとお電話でお問合せいただきました。

お問合せの動機

他社のクロコダイル革財布を使用しているが、紙幣の出し入れがしにくく入る量も少ないので、オーダーメイドで満足できる財布を作りたい。

ご依頼内容

当初オーガナイザー無双[FK1205MT]を検討していたがサイズが大きすぎることで、現在使用している財布と同じサイズ感のラウンドファスナー[M0803]をオーガナイザーのように開くように仕様変更が可能か。カラーはミッドナイトブルーで無双をご希望。イニシャルも入れて欲しい。

ご対応手順と内容

  1. その他細かいご希望については、電話で伝えたということで、お電話差し上げた。 同時に過去にオーダーメイドで実績のあるラウンドファスナー[M0803]サイズでオーガナイザー仕様の画像をメールで差し上げた。

    ★GAUDIEなら:オーダーメイドバッグの長年の実績があることで蓄積された画像データの中から適したデザインのものをお見せすることができる。

  2. 1.お札収納部の使い勝手を気にされていたので、マチの形をW折りすることをご提案。

  3. 2.無双でもなるべく薄くスッキリさせたということで、開いて見えない部分は、牛革を使用することをご提案。

  4. 3.より耐久性をよくするためにファスナーの引き手を革にすることをご提案。

    ★GAUDIEなら:専属の職人がいることによって、お客様のお使い勝手が少しでもよくなるように工夫することができる。

  5. 4.お見積り書を作成、メールさせて頂き、ご了承頂いた。 内側の牛革使用部分を電話で再確認した。

    ☆お客様の反応:ご自分が望まれるものが形にできるということでかなりご安心されたご様子。

  6. 現在製作中

完成品の写真

制作価格

対応所感とお客様のコメント

お客様のご要望がわかりやすかったこと、オーダーメイドの実績を利用できることでスムーズに対応することができた。

⇒はじめに・目次

時計ベルト オーダーメイド

時計ベルトこそ、上質なクロコダイル革を使用することで、シンプルでさりげないオシャレを演出できるアイテムはないと思います。

財布、靴、バックなど他のアイテム同様、あくまでも革、使用部位にこだわり身に付けるお客様のことを考え、熟練職人がハンドメイドにより、1本1本丁寧に製作する、そんな貴方だけの価値のある時計ベルトをお作り致します。

※製作にあたっては、お客様が現在お持ちの時計ベルトをお預かりし、厚みや長さを合わせてお作り致します。

⇒ご注文ページはこちら「時計ベルトオーダーメイド[0208]」

GAUDIEの時計ベルトの特徴

■色を選べる
基本カラー、特別カラーの中から自由にカラーを選択することができます。
■柄を選べる
既成の時計ベルトは、ほぼ柄を選ぶことができないのです。GAUDIEではクロコダイル革の顎の部位が時計ベルトの柄として一番美しいと言われています。ご予算に合わせて「テールバージョン」もご用意させて頂いております。
※「テール」について
テール部位は、「谷」と呼ばれる窪みが深い関係で顎部分に比べて「漉き」を極端に薄くすることが難しく、時計ベルトでの仕上がりがやや厚くなってしまう場合があります。
■フィット感を大切にした設計
現在使用されているベルトをお預かりすることによって、ある程度最適なサイズ調整のためのご相談を承ることが可能。
■作り
ハンドソーン(手縫い)で丈夫さと高級感をご堪能頂ける重厚感のある「切り目」製法でスッキリした仕上がり。

製作までの流れ

■製作前打ち合わせ
■製作するベルトの規格、寸法確認
■革の使用部位の選定
■ハンドソーン(手縫い)によるステッチング

実績(切り目仕様)

時計ベルトオーダーメイド
時計ベルトオーダーメイド
時計ベルトオーダーメイド
時計ベルトオーダーメイド

⇒はじめに・目次

オリジナルバッグ オーダーメイド

■GAUDIEの素材を使用して貴方だけのバッグを製作してみませんか?

今の世の中物が溢れ、いろいろな種類の商品があるように思えますが、ご自分の使用目的や使い勝手(使いやすさ) またシーンに合わせたバッグは意外に少ないものです。

GAUDIEでは、そんな自分だけのオリジナルバッグを製作したい方々のために、爬虫類皮革のバック製作歴30年以上の熟練職人とタイアップし、本格的にバックのオーダーメイドを開始することになりました。

■製作可能なバック

●使用素材:
クロコダイル、オーストリッチ、パイソン及びそれらと牛革とのコンビネーション
●製作可能なバック:
トート、セカンド、ショルダー、クラッチ、ポシェット、ボディーバッグ 他 、レディースハンドバッグ各種

※爬虫類皮革専門の職人による製作なため、全て牛革等のバッグについては基本的にお作りすることができません。

■過去の実績

●マットダークキプロス(グリーン)ブリーフケース

【オーダー秘話】
グリーンをこよなく愛するお客様からのご注文でラージクロコダイルの大判(45cm以上)を3枚使用して製作しました。
背胴にキャリーケースに掛けるベルト(出し入れ可能)もお付けしました。
完成後ご自身が持った写真をお送り頂き、とても喜んで頂けました。

●マット藍染めリュック

【オーダー秘話】
同じお客様が数年前にダークグリーンで製作したことがあるリュックを今回は藍染で製作。
海外出張の多い方でノートパソコンが収納できるポケットを追加し、ベルトの留め具も改良してバージョンアップ。
見た目の重厚感に反して軽く使いやすいリュックに仕上がりました。

●マットホーンバック(背ワニ)トート型ゴルフバッグ

【オーダー秘話】
普段はあまり使用しない背ワニを中央に使い、さらにサイドに肚ワニ、ゴルフシューズ収納部分には地面に触れることを想定してあえて牛革を使用しました。仕上がるまで質感が気になっていましたが、しっかりと丈夫ながら、触ると柔らかく持ってみると軽いという絶妙なバランスに仕上がりました。

●オーストリッチチェスナットボストン型ゴルフバッグ

【オーダー秘話】
贅沢にも大判(140デシ以上)の革を丸々2枚使用してフルポイントで製作しました。
オーストリッチ革独特のソフトな手触り、人気カラーのチェスナットと裏地のワインカラーが見事にマッチしました。

●マットダークブラウンセカンドバッグ(ニコチンCMステッチ仕様)

【オーダー秘話】
10年以上ご使用されている牛革のバッグを元にアレンジしました。
切り目製法でスッキリとしたフォルムを維持しながらも、長財布や携帯電話の収納ポケットを付けるなど収納力をもたせました。
ダークブラウンのマットクロコにキャメルカラーのステッチ、裏地をレッドにするなど、さり気ない拘りでオシャレ感を演出しています。
バッグとお揃いでベルトもお作りしました。

「お客様の声」より)
特注セカンドバッグをお買い上げ頂いたS.A.さんより(2015.3.10)
若めのデザインでスッキリした雰囲気になるようにお願いしたのですが、想像以上の高級感と手に持ったときの感覚は、なんとも言えない重厚感と奥深さを感じます。
決して粗末に扱えないなと思える素晴らしいバッグに仕上げて頂きました。
今回ガウディさんにお願いして本当によかったと思います。
ありがとうございました。

●マットクロコブラックセカンドバッグ

サンプルのバッグ(右)と共に。

【オーダー秘話】
自分が持っているバッグのような形のセカンドバッグをクロコダイルで作りたい、というお客様。店長が京都へ出張のついでに直接お話しをし、サンプルのバッグをお預かりしました。
サンプルのバッグのサイズや仕様をベースにしながらも、クロコダイルはセンター取りで贅沢にお作り致しました。
マチは丸腑で作って欲しい、サイズを少し変えたい、中のポケットを1つ減らしたい、などのお客様のご希望を叶えた一品に仕上がりました。

●マットクロコダイルライトブラウン ミニボストン

【オーダー秘話】
百貨店での販売で仙台で知り合ったご婦人からオーダー頂いたミニボストンバッグ。
クロコのカラーで悩まれて娘さんとご相談されてからご連絡頂き製作しました。クロコであまりないカラーで可愛いフォルム。親子二代で使用できると喜んで頂きました。

「お客様の声」より)
特注レディースハンドバッグをお買い上げ頂いたJ.Tさんより(2012.12)
先ほどバックを受け取りました。ドキドキして開けました。そして思った通りの素晴らしいバックの仕上がり感激しております。しばらくは飾って眺めていると思います、(赤色も欲しくなりますね!)
1月8日~10日まで孫たちとスカイツリーを見に行きますので大丸デパートのガウディものぞいて見ようかなと思っています。
いろいろわがままな注文を快く引き受けてくださりありがとうございました。 何かのときは、またよろしくお願いします。

●マットクロコブラックセカンドバッグ

【オーダー秘話】
どうしても表裏センター取りのバッグが欲しいとの事でご来店されたお客様。
お客様自身が使いやすい内装仕様にこだわりがあり、写真等のやり取りで時間を掛けて決めていきました。
しかも内装の革はオレンジとオーダーならではの選択でした。

●フルオーダーメイドブリーフケース

【オーダー秘話】
贅沢に3枚のクロコダイル革を使用し、完全フルオーダーで型からお作りしたブリーフケース。
持ち手から鍵部分、内側の仕様など細部にまでこだわって何度も打ち合わせを重ねて製作しました。

●マットクロコダイルトートバッグ[M0804](内装をマットクロコダイルレッドに変更)

【オーダー秘話】
トートバッグの内装もクロコダイルにしたい!との希望からマイナーチェンジ。
お客様が「レッド」が好きという事もあり、親会社である堀内貿易で革を探し、色見本を送ったりと何度もやり取りをしながら製作しました。
内装をクロコダイルに変更したことで、重くならないように薄く革を漉かなければならないが、耐久性も無ければいけないとギリギリのラインを探りながらの作業が印象に残っているオーダー品です。

●クロコダイルクラッチケース[M0905](オープンポケット追加)

【オーダー秘話】
財布を入れるオープンポケットを付けたいとの希望からマイナーチェンジ。
お客様の財布の長さを測り、サイズに合うようにポケットを付けました。
ポケット入口にもクロコダイルを使用し贅沢仕様で仕上げました。

【オーダーメイドバック完成までの流れ】

  1. 1.オーダーメイドバック製作ご希望のお客様はまずメールかフリーダイヤルまでご連絡ください。
    メール:shopmaster@gaudie.as.shopserve.jp
    フリーダイヤル:0120-653-660
  2. 2.GAUDIEショールームでのオーダー打ち合わせの日をご予約して頂きます。
    ※ご遠方であったりご都合がお付にならないお客様でもお電話やメールでのご対応をさせて頂いております。お気軽にお問い合わせ下さい。
  3. 3.製作可能と判断させて頂いた上でお見積りをご提示させて頂きます。
  4. 4.お見積りをご了承頂いた段階でお支払い手続きをして頂きます。
    ※お見積り額が50万円までの場合はこの段階で100%お支払い頂き、50万円以上の場合はお見積り額の50%をオーダー料として先にお支払い頂きます。
  5. 5.モデルサンプルについて
    ご希望されるバックによっては、型紙作成後、牛革かスライサーと呼ばれる厚手の生地でモデルサンプル(模型)を製作し、お客様にご承認を頂くことにしております。お見せした上で修正を加えるか、ご承認頂けるようであれば本製作に進ませて頂きます。
    尚モデルサンプル代はお見積り額に含まれております。
  6. 6.職人の状況、お作りするバッグの難易度により、製作時間は異なりますが、通常であれば、モデルサンプル製作時間を含めておおよそ2ヶ月程頂戴しております。

⇒はじめに・目次

ベルトオーダーメイド

素材や作りにこだわりを持たせることによってあまり目立たなかったベルトをより個性的なアイテムとして存在感を際立たせることができます。GAUDIEでは父親の代から受け継ぐクロコダイル革ベルト専門職人の熟練された技術ときめ細やかな対応を活かして価値のある貴方だけのベルトを製作させて頂きます。

セミオーダー、フルオーダーと2種類のサービスをご用意させて頂き、ご希望やご予算に合わせてご対応させて頂きます。

セミオーダーメイド

⇒ご注文:セミオーダーベルト

  • ■製法:「切り目コバ」
  • ■バックル:数種のバックルから選択
  • ■ベルト幅:30m/m、35m/mの2種類から選択
  • ■表革:クロコダイル革 カラーを選択
  • ■裏革:本牛革 カラーを選択
  • ■価格:51,700円~
フルオーダーメイド
⇒ご注文:フルオーダーメイド

お手持ちのバックルに合わせてベルト帯を製作します。

  • ■製法:「切り目コバ」、「へり返し(フランス式)」から選択
  • ■バックル:ご自身のもの、あるいはご希望によってお探しします。
  • ■ベルト幅:バックルに合わせた幅
  • ■表革:クロコダイル革 カラーを選択
  • ■裏革:本牛革 カラーを選択
  • ■価格:要お見積り(66,000円~)

※「張り無双」「本無双」での製作も可能です。

<用語の解説>

・へり返し(フランス式):裏革を表にヘリ返しその上から表革をのせてミシンをかける製法。コバ面が包まれているので、ソフトな印象を与える。

・切り目コバ:表の革と裏の革の2枚の革を同じ長さにし接合し、ミシンがけをして、そのコバ(切断面)部分に着色をしたり、磨きをかけたりする製法。
⇒GAUDIE「G」バックルウエストベルト[FKB1401]参照

⇒はじめに・目次

ジャケット・ブルゾン オーダーメイド

クロコダイルの存在感を際立たせる圧倒的な存在感。
ガウディしか出来ない特別仕立てのクロコダイルを剥ぎを入れず贅沢に使用した自慢の逸品。

※お作りするジャケット・ブルゾンのサイズやデザインによりクロコダイル革の使用枚数が異なりますのでそれによってお値段も異なります。
※オーダーでの製作になりますので、名入れ 裏地の選別等ご希望に応じたサービスをご提供致します。ご遠慮なくお申し付けください。

■ガウディのクロコダイルジャケット・ブルゾンの特徴

ガウディのセールスポイントは、お作りする製品にとって一番適している革を選ぶということです。
そして選んだ革の良さを最大限表現出来るような使い方 つまり接ぎ剥ぎだらけにしてお安く抑えるよりも、なるべく剥ぎを少なくして身に付ける方々に革の素材感の素晴らしさを実感して頂きたいのです。

■素材:スモールクロコダイル(ポロサス)

親会社「堀内貿易」が原皮で輸入するスモールクロコダイルの中で、絶対量の少ない大判(横幅40cm以上)で、キズ、穴が少なく、銀面が柔らかく原皮をして鮮度の良い皮を選りすぐり、ガーメント用として加工しています。
現在スモールクロコダイルはとても手に入りにくい状況の中で、そうでなくてもキズの少ない大判を入手できるということが、私たちGAUDIEの強みなのです。
※原皮入荷のタイミングによっては、ご注文から仕上がりまで4~5ヶ月お時間を頂く場合もございます。

■クロコダイルガーメント加工について

耐久性を維持しながら、オイルを適量与えることによって限界までソフトで軽くした特別な鞣しを施した仕上げをしております。

■職人インタビュー

レザージャケットの製作では、20年以上のキャリアがあります。
素材の良し悪しで仕上がりの製品に大きな違いが出ます。
少しでも良い製品に仕上げるために、革の段階で自分がやるべき仕事を予め想定します。
クロコのジャケットで特に気を使うことは、縫製はもちろんですが、それよりもまず革の良さがでるようにすることです。そのために手作業で柔らかくしたり、油を入れて揉んだりしています。
一番大切なことは、長く着こんで身体に馴染んでくるようなジャケットに仕上げることです。

GAUDIEに携わる職人は皆革を見る目が厳しい。製作中は誰も話し掛けられないくらい集中している。

■GAUDIE製作実績

【Men's クロコダイルブルゾン】

クロコの柄合わせるために大判のクロコ8枚使用。

【Men's クロコダイルジャケット】

【MEN'S クロコダイル ダブル・チェスターフィールド】

大判のクロコを14枚使用し製作しました。

【MEN'S クロコダイル ライダースブルゾン】

現物がない場合スケッチから作成し、修正を重ね製作に移ります。

【LADIES' クロコダイル ハーフコート】

女性のコートもお作りでできます。

■クロコダイルジャケット/ブルゾン製作までの流れ

  1. 1.ご興味のおありの方は電話かメールにてお問い合わせください。お知りになりたいことにお答え致します。
    メール:shopmaster@gaudie.as.shopserve.jp
    フリーダイヤル:0120-653-660
    デザインとサイズの確認を致します。お持ちのジャケット・ブルゾンをお預かりし、お客様のご希望どおりのアレンジを加えパターンをお作り致します。
  2. 2.デザインとサイズが確定したらパターンを製作し、シーチング素材にて仮縫いお試しサンプルをご用意します。
  3. 3.仮縫いサンプルを試着して頂き、サイズのチェックをして頂きます。ご修正点をお聞きします。
  4. 4.ご納得頂いた上でクロコダイルで本製作に入ります。革を厳選し、専属の職人が丁寧にお作り致しますのでおおよそ50日~60日くらいお時間を頂きます。

オーストリッチ革での製作実績があり、製作可能です。
その他異素材での製作も可能です。お問い合わせください。
ご希望があれば名入れも致します。

⇒はじめに・目次

レディースコレクション

レディース商品一覧

クロコダイル検定

クロコダイル製品を買う前に読む本

JRA製品表示

ページトップへ