カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

ガウディのセンター取りについて

センター取りとは、クロコダイル革で一番贅沢な部分とされているお腹の部分を使用し、長財布であれば平らに広げたときに裏側と表側が左右対称(シンメトリー)になるように革を裁断します。
剥ぎなしで広げたときに1枚になるように革を使いますので傷の目立つような革は、使えず、限定された革しか使用できません。
ご理解頂きたいのは、革の大きさやコンディション(小さい傷等)により、竹腑(四角い柄)のみで丸腑(丸く細かい柄)が入らないこともございます。
もし革の取り方にご希望がある場合は、ご注文時にお申し付けください。

■GAUDIEのこだわり---「型入れ」

クロコダイルロングウォレット(M0702)の型入れ クロコダイル2つウォレット(M0801)の型入れ クロコダイル名刺入れ(M0808)の型入れ

GAUDIEでは職人に縫製に出す前に必ず自分たちで型入れを行います。
上の写真の様に透明のアクリル板を使用して、製品が仕上がったときのクロコの腑柄のイメージを確認し、ベストと思われる部分を裁断するようにしています。
更に裁断する前に型入れ・裁断・漉きのスペシャリストが再度型入れ部分に問題がないかどうか確認致します。