カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

ワニ革の魅力

★☆お知らせ★☆

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

興味のお持ちの方、是非下記のURLまで。

↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

店長のブログから、クロコレザーに関する知らなくてならない基礎知識を

抜粋させて頂きました。

*クロコレザーの商品知識用語: 

  革の仕上げ グレージングとマット

  シャムワニ

  アリゲーター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

人間にも日本人、中国人、アメリカ人と存在するようにワニも生息している国によってその数は23種にもなります。例えばニューギニアワニ、シャムワニ、アリゲーター、カイマンなどがあり、名前だけならアリゲーターやカイマンなどは聞いたことがあるという方も多いかと思います。
ここではワニ革の中でも最高級と言われるイリエワニとGaudieにも使用していてイリエワニ同様高級品用として注目されているナイルワニについてご説明致します。

●イリエワニ(一般和名);スモールクロコSaltwater Crocodile(商業名) 学名:Crocodylus porosus
クロコダイルの代表格でお腹の部分の四角形の鱗がきれいに揃っていて、革の宝石とも言われるくらい最高級品でヨーロッパの有名ブランドにも使われております。パプアニューギニア、オーストラリア、インドネシアなどの入江や川の海水と淡水との混じる場所に生息しています。日本へも原皮が輸出されており、高級なハンドバック、財布等の小物、ベルトに使われています。

●ナイルワニ(一般和名):ナイルクロコNile Crocodile(商業名)学名:Crocodylus niloticus
イリエワニ同様、高級品用として注目されています。お腹の部分の鱗が細かく長方形で腹部全体に整然と並んでいます。ナイルという名前からもわかるとおり、アフリカ諸国の淡水の沼や川に生息しています。

【Gaudieのワニ革】
Gaudieでは上記ナイルクロコの中でも厳選された革をマット仕上げという光沢のない素上げタイプに加工しさらにレディースのJens Gaudieではオリジナルカラーとして、いままでになかったようなやさしい色合いを作り出しました。
宝石ともたとえられるワニ革の持つ高級感や優雑さに加えてやさしさや繊細さをあえて形にしたのが、Gaudieブランドの特徴です。




ページトップへ