カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

パプアニューギニア日記 第45号 2010.3.17

皆様こんにちは

ぽかぽか暖かい日が多く、めっきり春の気配が感じられるようになりました。

花粉症でお悩みの方も多いかと思います。

かくいう私も毎日、目の痒みに困っています。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆

パプアニューギニア日記 第45号 2010.3.17 【ワニの養殖場】

私が現地に赴任しておりました期間に2度程訪れましたが、パプアニューギニア南部の

中心都市であるラエというところに有名な養殖場がありました。

ラエというところは、その昔日本軍が戦争で関わったことがある

場所でその意味では日本と馴染みのある場所だと思います。

皆さんもラバウルという地名はご存知の方が多いと思いますが、そこに近い場所です。

この養殖場は、パプアニューギニア最大でヨーロッパの有名ブランドにも革を供給しています。

前にもお話した事があるかと思いますが、ワニの餌として鶏肉を鶏丸ごと与えるのです。

私が訪問中にもその光景を見ました。

それだけでもコストがかかるのに、最近では「個別ペン」と言いまして

品質の良い皮にする為に、本来何頭かのワニを一つのペン(プール)で飼うところを一つのペンで

一頭のワニだけを飼育し、ストレスの溜まらない良い環境で育てるのです。

このことからもお分かりのように、養殖というのはとてもお金がかかる事なのです。

また次回店長日記を楽しみにして下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/

▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

            ↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html

GAUDIE店長

南澤

パプアニューギニア日記 第44号 2010.2.15

皆様 

こんにちは

暖かい日があったり、雪まじりの雨が降ってきたりで

安定しない気候が続いておりますが皆様体調崩されないように。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆

パプアニューギニア日記 第44号 2010.2.15 【カンガルー】

今日はクロコダイルの次に地元でよく出会ったカンガルーについてです。

カンガルーはご存知のように、主にオーストラリアに生息している動物で、

パプアニューギニアにはやや小ぶりのワラビーという種類が多かったです。

カンガルーの革は昔から紳士靴によく使われており、

丈夫で軽くとてもソフトで足にやさしい素材として有名です。

前にお話したことがあると思いますが、

よくクルマを運転していると勝手にぶつかってきて困ったことを懐かしく思い出しました。

↓写真↓ わかりづらいですが、カンガルーの子供のワラビーです!

また次回店長日記を楽しみにして下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/

▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

            ↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html

GAUDIE店長

南澤

パプアニューギニア日記第43号 2010.01.06

皆様 

新年あけまして おめでとうございます。

皆様にとって2010年が良い年になります様に心からお祈り申し上げます。

私どももスタッフ一同皆様のご期待にこたえられる様、新商品の開発、サービスの向上により一層努力してまいります。

今後ともガウディを宜しくお願い申しあげます。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆

アデオとの正月風景

前にお話したことがありますが、私と一番親しくしていたスタッフはアデオという男でした。

恐い奥さんが2人もいたのと、その年の正月は特にもめ事が多かった様で、ほとんど私の家で一緒に過していました。

正月と言えば、私も日本からたくさんの日本食(と言ってもほとんどインスタント食品か餅、お菓子類でしたが)が送られてきていました。

その中からアデオにもいくつか食べさせてあげました。

本人は「美味しい 美味しい」とか言っていたものの、本当はどうだったのかわかりませんね。

ただいえることは、バリモ村であれだけの日本食や日本感覚を体験できたのはアデオだけでしょう。

正月を迎えるたびになつかしく思い出します。

また次回店長日記を楽しみにして下さいませ。

パプアニューギニア日記第42号 2009.11.20

皆様

こんばんは
真冬はもうすぐそこのようで
大変寒い日が続いています。
皆様お風邪引かれないように。
ガウディのデザイナー黒田が
とてもおしゃれなメンズシューズを開発しました。
お値段もお手頃で割引期間も設けますので、
この機会に1足如何ですか。

★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

バリモの流行語

私は小学校の頃から人のあだ名を考えたり
面白い言葉を流行させたりすることが得意で(得意というより流行ってしまう)
バリモ滞在中にも村じゅうに流行させた言葉があります。
それは「Did you eat?」(ディドゥユーイート?)です。
はじめは何の気なしに誰かに言った言葉で
常に日本食に飢え、空腹感を感じていたので、
言ったと思うのですが、
何回が言ううちに皆が挨拶がわりに言うようになりました。
朝もグッドモーニングのかわりディドゥユーイート?か挨拶にありました。
もしかしたら今も言っているかもしれません。
皆様にもディドゥユーイート?


↑飛行機から見たバリモ村

次回の店長日記をお楽しみにしてくださいませ。

パプアニューギニア日記第41号 2009.10.9

皆様

こんにちは
秋も深まり肌寒く感じる様になってきましたね。
いかがお過ごしでしょうか。
時が立つのは本当に早いもので
1年ももうすぐ終わり
私がニューギニアから帰ってきて15年以上になります。
忘れないうちにこれからも一生懸命書きますので、
宜しくお願い申し上げます。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★
バリモのポストマン

現地にも一応小さいな郵便局があり郵便局員が一人いました。
郵便局と言っても木造の古い小さいな建物で穴だらけで
いつ倒れてもおかしくないくらいボロボロの建物でした。
名前は忘れましたが係員は40代のおじさんで昼間は
よく配達にも行かずにビールを飲んで酔っ払っていました。
日本からくる私あての郵便物は一番届けてくれていたのですが、
理由があり、よく我が家でビールをごちそうしたり、店でも
特別なサービスをしていたからです、
彼は単なる郵便局員というだけではなく
村ではかなり村人に影響力のある有力者だったのです。

(写真)前にいる青い服の人がMR.ポストマン

次回の店長日記をお楽しみにしてくださいませ。


パプアニューギニア日記第40号 2009.8.11

皆様

こんばんは
急に台風が来たり、大きな地震があったりで、
いつもと違う夏ですね。

皆様いかがお過ごしですか。

夏限定のベルトオーダー企画では好評を頂きまして
誠に有難うございます。
これからも魅力的な企画をご提供できるよう
スタッフ一同頑張っていきますので今後ともガウディを
宜しくお願い申し上げます。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

ニューギニアの夏祭り

夏祭りと言っても一年中夏ですから、
日本のように夏ならではの祭りと言うわけではないのですが、
パプアニューギニアでも、その地方ならではの祭りが
各地で行われていました。

前にもお話しましたが、私が赴任中に休みを取って
マウントハーゲンという北部に旅行に行ったときに
ちょうど祭りをやっていました。

独特の衣装に顔はニューギニアっぽく化粧をし、
秋田のなまはげ顔負けのとても恐ろしい顔でした。

今だに夢を見る時もあります。
余程、印象的だったのでしょうね。

また次回の店長日記を楽しみにしてくださいませ。

パプアニューギニア日記第39号 2009.7.17

皆様

こんにちは
いよいよ暑い夏の到来ですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
夏が来るとニューギニアのことを昨日のことの様に
懐かしく思い出します。
★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★
さてガウディでは夏限定のベルトオーダー企画をまもなく開始致します。
夏らしくカラフルカラーでお作り致しますので、
どうぞこの機会をお見逃しなく!

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★
近隣の住民たち

前にもお話ししたことがあるかと思いますが、
店の周りはスタッフたちの家が10軒ほどあり
ちょうど店を取り囲むようになっています。
スタッフたちの家にはいつも彼ら以外に見たこともない人間が住んでいて
定期的に調査しなとどんどん増えていきます。

みんな親戚だとか言うのですが本当かどうか分かりません。

別に何も起こらなければかまわないのですが、
一度村のほうの人と殴り合いのけんかをした人物もいたりして困ったこともあります。

我々は村の人達から見るとよそ者の集団ですから
なるべく友好的な態度でいないといつか追い出されてしまいます。
そのため日頃からスタッフには酔っ払って外出し
トラブルなど起こさないように注意していました。
なにぶん彼らは単純素朴なので頭にまたらすぐ怒り
殴り合いが始まってしまうのです。

私自身はそもそも村でただ一人の日本人でしたから、
村の人達も基本的に友好的な感じで接してくれたので、助かりました。
バリモ村の人達、有難うございました。
また次回の店長日記を楽しみにしてくださいませ。


パプアニューギニア日記第38号 2009.6.26

皆様

こんにちは
蒸し暑し日が続いていますね。
水分補給を充分して、体調崩さないようにご注意して下さい。
★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★
副店長ボアブ

店の副店長をしていた男をボアブと言います。
この男なかなかの商売人で店の給料以外に自宅にビリヤードの台を
置き使用料をとって商売していました。
いつ行っても誰かビリヤードをしていましたから、繁盛していたのでしょう。
また彼の奥さんは週2日私の家の掃除と洗濯をしてくれていました。
夫婦揃ってかなり稼いでいたのです。
話ししていても他のスタッフよりも頭も良かったですし、
要領も良かったのですが、その分生意気に感じることもありました。
でも奥さんの掃除、洗濯は完璧でそれはとても助かりました。
現地の家はさすがにジャングルの中いろんな虫が発生して2日も
放っておくと家中虫だらけの状態でした。
確かボアブ夫婦には2人息子さんがいてボアブの子供らしく
なかなか頭の良い子供達だったのを憶えています。
とても頼りになる家族でした。
また次回の店長日記を楽しみにしてくださいませ。

ボアブの長男、私の送別パーティーにて↓

ボアブとのツーショット↓


パプアニューギニア日記第37号 2009.6.19

皆様

こんにちは
父の日セットは大変ご好評を頂きまして
誠に有難う御座いました。
これからも皆様に喜んで頂けれるように
いろいろな企画を考えていますので、
今後ともガウディを宜しくお願い申し上げます。
★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★
海外青年協力隊の安田さん

私の住んでいたバリモから小型飛行機で30分ぐらいの
ダルというところに一人の日本人がいました。
その方は安田さんという方で私より10歳くらい年上で
海外青年協力隊という日本政府の海外ボランティアの一環として
パプアニューギニアに派遣されて来られました。
唯一の近くに住んでおられる日本人ということで
親しくさせて頂きました。

ダルという場所は海が近く魚の市場もあり
エビやバラマンディーという日本だとほっけの様な
クセのない魚が豊富にありました。

安田さんは料理がとても上手でよくごちそうになりました。
安田さんの住んでいた家も小さいですが、
きれいな家で電気もほとんどの時間使え
とても便利で住みやすくうらやましかったです。
一度私のいるバリモにきてくれたこともありましたが、
ほとんど私が滞めて頂いたものです。
何よりも日本語をしゃべれたことが嬉しくて
リラックスできました。
安田さん嫌な顔せず滞めて頂き、本当に有難う御座いました。


また次回の店長日記を楽しみにしてくださいませ。

安田さんとツーショット↓

ニックと安田さん↓

パプアニューギニア日記第36号 2009.6.12

皆様こんにちは

東京もいよいよ梅雨入りで雨の日も多いですが、
どうか体調崩されないように御注意下さい

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

ガウラケビジネスグループ

私がいた店はそもそも地元のグレープも出資していました。
そのグループの名前がガウラケビジネスグループという奇妙な名前でした。
代表者はアダイアラレというこれまた冗談の様な名前でした。
パプアニューギニアではほとんどの場合、力の強い者
この場合の力は腕っぷしの力、つまり喧嘩の強い人がリーダー(代表者)になっていました。
やはり原始社内ですから当然そうなりますね。
さてこのアダイアラレ氏、体格は極端に大きいわけではありませんが、
目つきはさすが鋭い怒らせたら怖そうでした。
実は前にもお話ししました問題児アワニも私に弓を引いたマークも
可愛がっていたアデオそしてオールドマンまで、このアダイの部下でした。
後で知ったのですが、私を弓で狙ったマーク一家と
アダイ一家の間で激しい戦闘が起こなわれた様です。
アダイは私の身に何かあったら、日本から戦闘機が責めてくると思い込んだ様です。
その前に当事者マークを罰してけじめをつけるつもりだった様です。
そういえばその昔日本軍がニューギニアでも戦争をしたことがあり
この様に思い込んだのもその影響かもしれませんね。
笑い話とも言えますが、知識や情報のまったくない社会というものも怖いものです。

また次回の店長日記を楽しみにしてくださいませ。


    アダイアラレ(一番左)↓刺客マーク(中央のサングラス)



パプアニューギニア日記第35号 2009.6.5

皆様
こんにちは

父の日セット好評を頂き有難うございます。
まだの方はお早めに御利用下さい。

もうすぐ梅雨ですね。
以前にもお話ししたように梅雨になると
ニューギニアの雨期を思い出します。
雨期は川の水位も上がりワニが現れなくなり
生活も蚊が増えてあまりよいことはなっかたです。

もう一人の警備員
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
名前は憶えていませんが、前述しましたオールドマン以外に
もう一人夜の警備専門に巨漢の男を雇っていました。

確か彼は地元に牛を何頭も持つ地元の有力者で
地元との関係を良好に保つためにもあり店の警備員として頼んでいました。
彼はとにかく大男で2M以上の身長と丸太のような
筋肉質の腕の持ち主でした。
大男な分動きが鈍くいつもニコニコして気が優しくて
力持ちを絵に書いたようなタイプでした。
やはり英語が話せず私とは話しは出来なかったですが、
バナナとかヤシの実とかよく私の家に届けてくれました。

という訳で夜の店の警備体制はベテランでいぶし銀のオールドマンと
地元の大砲で安心と思いきやグーグー気持ちを良さそうに
寝ている頼りになる二人でした。

また次回の店長日記を楽しみにしてくださいませ。

巨漢のような警備員↓


その時の店長↓

パプアニューギニア日記第35号 2009.5.29

皆様

こんにちは。

東京は昨日から雨が続いていて、

気分も落ち込みがちですが、

なんとか気合いを入れ直して頑張りましょう。

出張で長崎にいってきました。

異国情緒たっぷりの落ち着いたいい街でした。

皆さんも機会がありましたら、

是非一度訪れてください。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

パプアニューギニア日記第35

夜の友達オールドマン

私の家と店の周りは有刺鉄線が張り巡らせてあり、

夜間の人の出入りはカギのついてる門が三か所あり、

カギを持っている私しか開閉できませんでした。

そうかと言って安全とは言えませんでしたので、

警備員として皆から「オールドマン」と呼ばれていたおじいさんをお願いしていました。

確かな年齢は不明でしたが(現地の人は基本的に不明)、

多分70歳くらいだったかと思います。

この「オールドマン」私が見廻りにいくと真面目に働いている感じでしたが、

他のスタッフの話ではよく寝ているとのことでした。

ですから私も毎日なるべく違う時間にチェックするようにしていました。

英語のまるで話せないオールドマンと私の会話は

私:「アーユーOK?」

オールドマン:「イェース」

結局最後までオールドマンとはこれしか話せませんでしたが、

いつもニコニコしていて、どこか憎めないおじいちゃんで

私の大切な夜の友達でした。

また次回の店長日記を楽しみにしてくださいませ。

オールドマンのツーショットです↓↓

パプアニューギニア日記第34号 2009.5.22

皆様

こんにちは
蒸し暑い日が多いですね。
皆様いかがお過ごしですか?
さてガウディでは父の日様のギフトとして
たいへんお得なセット商品を用意させて頂きました。
是非この機会に日頃お世話になっている
お父様へ感謝の気持ちとしていかがですか?

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★


パプアニューギニア日記第34号

パプアの休日
パプアニューギニアという国は熱帯雨林気候で年中高温でしたので
毎日々暑くどうしてもダラダラと怠けがちになってしまいます。
そのため今思い返してみると毎日が休みの様な気分がありました。
ただ私はお店がありましたのであまりフラフラする訳にもいかず
店か家で過ごしていました。
それでも休みの日はものすごく暇でしたので、何をしようかといつも悩んでいました。
日本から送られてきた本や新聞を読んだりニックに髪の毛をカットしてもらったり
でもあまり家にばかりいると考え事ばかりでホームシックになりがちでしたので、
なるべく外に行く様にしていました。
前にもお話ししたと思いますが、沼地のため、
行けるところも限られて1ヵ月もすると途方にくれていました。
今だから言えることだと思いますが、自分の人生の中で
あんなにも欲を感じずに人間の原点に戻った様にな生活をしたのは始めてで
昔の人は偉かったなあと思います。
あの頃のことを思い出して日々忙しい頑張っている今日この頃です。

また次回の店長日記を楽しみにしてくださいませ。

休日のひととき↓

愛車ハイラックス↓

パプアニューギニア日記第33号 2009.5.15

皆様
こんにちは
ゴールデンヴィークもあけ
なかなか休み気分が抜けずにいますが
皆さんはいかがですか
不景気に新型インフルエンザと嫌なニュースが多いですが、
元気を出して頑張りましょう。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

パプアニューギニア日記第33号

今回は店の運営についてです。
以前にもお話しました様に奥地のせいもあって
商品の品揃えが極端に悪く
2〜3ヶ月に1回の商品の入荷は店のスタッフだけでなく
村人も楽しみにしていていまかいまかと待っていました。
首都のポートモレスビーから大型の舟で運ばれてくるのですが、
舟のため、予定がアバウトなこととパプアニューギニア人気質の
のんびりさも加わって1週間くらい遅れることは普通でした。
ですからはじめのうちはイライラストレスが溜まったりしていましたが、
慣れてくると当たり前に感じるようになりました。
もしもう少し長くいたら日本にはついていけなくなっていたかもしれませんね。
店のことで思い出しましたが、
確かうちの店の隣にはPASUWEといううちと同じ様な店があり
品揃えはそちらの方が良く売上も全然上でした。
まあうちは店の売上よりもいかにワニ皮を集めるかが問題でしたので、仕方ありませんね。
PASUWEの店長とは個人的に仲良くしていて日本から送られてきた食物をあげたり
反対に自家発電の電気を我が家にも利用させてもらったりしていました。
今回日記を書いていて彼にもお世話になったなと懐かしく思いだしました。
PASUWE店長とのツーショット↓

次回の店長日記をお楽しみにしてくださいませ。

パプアニューギニア日記第32号 2009.05.01

皆様

こんばんは
いよいよゴールデンウィンク突入ですね。
それぞれ御予定がおありのことでしょう。
そういう私はのんびりするつもりです。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

パプアニューギニア日記 第32号

バリモの外国人

今日は滞在地バリモにいた外国人についてのお話です。
私と親友ニックを含めて本当の意味での外国人は10人ぐらいだったでしょうか。
なぜか本当の意味でのと申し上げたかと言うとパプアニューギアという国は当時(現在も同じかと思いますが)
700部族ぐらいあり、それぞれの部族で言語や習慣が異なるため(言語が同じ場合もあるかと思いますが)
対立し戦争になることが多いのです。戦争と言っても武器はやりの場合がほとんどですが、これも彼らの習慣の一つなのでしょうね。
話し合いで解決することはありません。つまり違う部族は彼らにとって外国人と同じなのです。
いろいろな人の話しを聞いているとそれらの部族の中でも戦争に強い部族、狂暴な部族等
有名な部族はいて怖れられている様です。
実際バリモにもそれらの部族は一目置かれていました。
本当の意味での外国人10のうちもちろん日本人は私一人でとても珍しい存在でした。

バリモ部族代表者一家との記念写真↓

パプアニューギニア日記第31号 2009.04.09

皆様

こんにちは

いよいよ「春本番」暖かくなってまいりましたね。
私の大好きな夏ももうすぐそこウキウキした気分で不景気風も吹き飛ばしましょう。

さて、ガウディでは今月14日より銀座ワニザワニューオータニ店様の方に主にレディースの商品を展開致します。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
今後とも皆様に見て頂ける機会を増やすために頑張っていきますので宜しくお願い致します。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

パプアニューギニア日記第31号

突然の訪問者
昨日突然パプアニューギニアからのお客様が私の所にも寄ってくれました。
そもそも親会社堀内貿易の方に来られた御夫婦でニューギニアのラエという所で有名な
クロコダイルファームを経営されております。
ラエという場所は私が滞在していたバリモからは飛行機を乗り継いで4時間くらいかかるので数回しか
行ったことがありませんが、立派なホテルもありバリモとは天国と地獄ほど違ういい所だったという印象があります。
旦那さんはイギリスの方ですが、奥さんはパプアの女性の代表の様な方で髪の毛を見ると
とても懐かしい思いが込み上げてきました。
パプアという言葉は元々「縮れ毛」というマレー語だそうです。
この奥さんはラバウルという都市出身で御存知の方も多いかと思いますがラバウルという所は「ラバウル小唄」
という歌があるくらい日本人にとても馴染み深いところなのです。
わずか10分ぐらいの訪問でしたが、私にとっては昔を思い出すとても良い時間を過ごしました。

また次回の店長日記を楽しみにしてくださいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>


▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html


店長
南澤

パプアニューギニア日記第30号 2009.04.03

皆様

こんにちは
天気予報によるともうすぐ暖かくなるようでよかったですね。
今日新しいお客様からお届けしました商品へのお礼の電話を頂きとても嬉しかったです。
これからも一人でも多くの方々に喜んで頂ける様頑張っていこうと思っています。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

パプアニューギニア日記第30号

真夜中の訪問者
前にもお話しましたが、雨期は雨のおかげで朝晩は比較的涼しいのですが、それ以外は夜でもかなり暑く、
また蚊が異常に多いのでベットに蚊帳を下げていて暑苦しすぎて眠れない夜ばかりでした。
そんな時は涼みに外に出るのですが、これがまた蚊の大群に襲われるは毒へびがいつ現れるか
分からないので落ち着いて涼んでいられません。
結局あきらめてベットに戻って寝ようとするのでですが、やはりなかなか眠れずに大変でした。
ある夜のことやっと眠りそうになったとき誰かがドアをノックしていました。
どうせ酔っ払ったスタッフがビールをもっと欲しいのか下に住んでいるバティが何か用でもあるのか
とドアを開けてみるとなんと女の人が立っているのです。
私の顔を見てニャニャしており気持ちが悪くてドアを閉め家に帰るように言いました。
すぐ帰ったようですがなかなか眠れませんでした。
現地では外国人イコール金持ちと思われていて結婚すれば一族みんなが金持ちになれるものと考えていました。
もし万が一にでも何かあると日本に帰れなくなるよとニックをはじめまわりから言われていました。
私にとってはワニよりも毒へびよりも恐ろしい体験でした。

また次回の店長日記を楽しみにしてくださいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>


▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html


店長
南澤

パプアニューギニア日記第29号 2009.3.26

皆様

こんにちは 
いかがお過ごしですか。
WBCやりましたね。
日本代表に勇気をもらい、不景気に負けず頑張っていきましょう。
★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★
パプアニューギニア日記 第29号

今日はニューギニア滞在中に月に1回のリフレッシュ休暇でポートモレスビーに出たときの話です。
ポートモレスビーはパプアニューギアの首都で外国人、
特にオーストラリア人が多く住む街でオーストラリア系のスーパーマーケットなどがあり、
それなりに賑やかなのですが、でも2時間もあれば全て行ける程です。
中華料理店(世界中どこにでもありますね)の他「大阪屋」という日本料理店もあり、必ず行きました。
決して美味しいとは言えませんでしたが、せめて日本の雰囲気と日本食メニューを楽しんでいました。
今でもあるかなととても懐かしいです。
特にやることもなくプールで泳いだり、レストランに行ったり、それと必ずやることは
バリモの店のスタッフのお土産にビートルナッツを大量に買うこと。
ご存じの方も多いかと思いますが、石灰と一緒にガムみたいに口に中でかみ、口の中が真っ赤になるやつです。
ほとんどの人が毎日かんでいました。匂いがきついのとそこらじゅうに吐き出すのが汚らしく
私は一度もやりませんでしたが、ビートルナッツはパプアニューギニア人の代表的な嗜好品でした。

また次回の店長日記を楽しみにしてくださいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>


▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html


店長
南澤

パプアニューギニア日記第28号 2009.3.13

皆様
こんにちは
もうすぐ春ですね。
私もスタッフも花粉症に悩まされていますが、
もう少しの辛抱です。
元気を出して頑張りましょう。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★
パプアニューギニア日記 第28号

今回は現地の交通手段についてのお話です。
前にもお話しましたが、ワニ皮集荷の小旅行にはディンギーという細長い舟に乗っていきました。
確か、ディズニーランドのジャングルクルーズというアトラクションはパプアニューギニアの奥地を
イメージしている様で舟もほとんど同じものでした。
パトロール以外に月に1回ポートモレスビーという首都に休暇で2〜3日滞在していたのですが、
そこまでは国内便の飛行機を利用していました。4人乗りと8人乗りとかあり。
レーダーがないので時間と目測りで目的地に着陸するのです。
今思えばいつ墜落してもおかしくないような粗末な機体で恐ろしくなります。
パイロットはオーストラリア人で朝の便に乗ると操縦しながらパンを食べたりコーヒーを飲んだりして
親しくなり操縦席の隣に座ったりすると食事中に雲に突っこむときなど、私に操縦管を握らせたりしました。
とても出来ない経験ですね。
常に危険と隣合わせの毎日でした。

また次回の店長日記を楽しみにしてくださいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>


▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html


店長
南澤

パプアニューギニア日記第27号 2009.2.6

お知らせ:

皆様 こんにちは いかがお過しですか。
世の中、暗いニュースばかりですが、
こんなときこそ前向きに頑張っていきましょう。

皆様にお知らせがあります。
今月の17日よりROOMS(ルームス)という展示会に出展いたします。
ガウディ製品を展開して頂ける会社様や店舗様とお知り合いになるための展示会ですが、個人の方でも大歓迎です。
どうぞこの機会にガウディ製品をお手にとってその良さをお確かめ下さい。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★
パプアニューギニア日記第27号 2009.2.6

今回は村人とワニのかかわり合いについてお話します。
皆さんはどのようにご想像されているか分かりませんが、
村で普通に生活している範囲ではワニと遭遇するわけではありませんが、
よく聞くのは子供が川で水遊びをしていてワニに足を食いちぎれたとか、
私自身は近くの川でワニを見たことはないですが、
パトロールに舟で出かけたとき居眠りをし、目覚めた時
約1Mぐらいしか離れていない川辺の丘に2M以上のワニと
目が合いました思い出すと鳥肌の立つ恐ろしい出来事でした。

また次回の店長日記を楽しみにして下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>


▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html

パプアニューギニア日記第26号 2009.01.23

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

パプアニューギニア日記第26号 2009.01.23

◇◆◇◆◇◆◇◆◇スタッフ アデオ ムムア◆◇◆◇◆◇◆◇

店に10人いるスタッフの中で私が一番かわいがっていたのがアデオ ムムアという男でした。

彼は顔に愛嬌があり、私と目が合うといつもニコニコしていて憎めない男でした。

でもそんな優しい性格が仇になり、恐ろしい奥さんの前では、まるで召使い様になってしまいます。

前にもお話したましたう様に現地は一夫多妻も可能ですが、多妻のケースはやはり経済力のある男がほとんどでした。

さてアデオは言うと、それほど経済力がないくせに、2人の奥さんがいたのです。

どうなるかご想像して頂ければおわかりの様にそれはそれは可哀想な毎日です。

給料日には2人の奥さんに全額募没収され、少ないと文句言われの連続です。

あるとき、アデオが強くでて、喧嘩になり、奥さんの一人からブッシュナイフで頭を切られたのです。

うちのベランダから頭を切られ、血を流しながら、なおブッシュナイフを持った奥さんに

追いかけられているのをみた時は、さすがにビックリしました。

結局その日はアデオをうちに泊まらせ、次の日奥さんを交えて、仲直りさせました。

それ以来、奥さんと何かあるとの私のところに避難してきたものです。

その分、私のこともよく守ってくれた。本当に可愛いやつでした。

また次回の店長日記を楽しみにして下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>

新情報

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html

スタッフ アデオ ムムア

レジに座ってる24歳の店長

パプアニューギニア日記第25号 2009.1.14

お知らせ:

クロやブラウンはもうお持ちになっていたり、
他の色が欲しいと言うお客様のために
マットクロコライトブラウンで5点セットを企画致しました。

マットライトブラウンはよりカジュアル感覚がありますが、
かと言ってカジュアルすぎず、
ビジネスでもプライベートでも兼用できます。
南澤店長もベルトで愛用しています。
一ヵ月限定で5点セット特別セール期間と致します。
どうぞ皆様ご利用下さい。

★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★
パプアニューギニア日記第25号 2009.1.14

今回は以前にもお話したことのあるワニ皮集荷の小旅行(パトロール)についてです。

滞在地バリモにじっとしていても皮は集まりませんので、
定期的に周辺の村落を訪問し買い集めていたことは
前にもお伝えしましたが。

バリモからはかなり遠く(確か小型ボートで4時間ぐらい)
インドネシアとの国境に近いところにアイアンバックという
場所まで何回か行きました。
ここにはうちの系列の店があり、
店に皮を売りに来る人が多いのですが、
川沿いに村が点々としている感じで、
その村々を訪問しながら皮を買い集めて
アイアンバックの店まで行きました。
どの村でも日本人が珍しいらしく歓迎してくれて握手責めにあい
店に着いたころはクタクタになりました。
確か思ったほど皮は集まらず、友好親善大使の様でした。
トイレのお尻蚊に刺され事件もこの時だったと思います。
おの時の村人たちどうしているかなと懐かしく思い出しました。

また次回の店長日記を楽しみにして下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>


▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html

↓↓↓↓ 現地の村人です↓↓↓↓

パプアニューギニア日記第24号 2009.1.9

お知らせ:
ハンズ銀座店ガウディコーナーに新商品が増えました。
実物をお手に取って確かめたいという方々もご要望にお答えするため
東急ハンズ銀座店9階のガウディコーナーに2商品を増やしました。

〇ファスナー付長財布マットクロコダイルクロ(M0803)
〇クロコダイル靴べら型キーリング ワイン、グレー、Pピンク、グリーン、Dプルー(K-005M)

是非一度ガウディのクロコダイル革の質感 作りの良さをお確かめ下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

皆様 新年あけましておめでとうございます。
本年もガウディを宜しくお願い申しあげます。
2009年が皆様にとって良い年になりますように
心からお祈り申しあげます。

世の中あまり良いニュースがありませんが、
前向きに元気を出して頑張りましょう。

店長日記24号

今回はお正月にちなんで現地の人たちの正月風景についてお話します。
私が滞在しておりましたバリモという場所はご存知の様に沼地でしたので、
家から20分も歩くと沼や森の広がるジャングル地帯でした。
そんなことで前の店長日記でお話したように日本から送ってもらった餅を
焼いて食べるくらいしか出来ませんでした。
ある年の正月 友人のニックからマウントバーゲンに行こうと誘われました。
マウントバーゲンというところはパプアニューギニアでは有名な観光地で
富士山級の山が連なる山岳地帯で気候が涼しく朝晩は寒いくらいです。
この地方のコーヒーは有名で重要な輸出産品の1つです。
写真は現地の部族の正月パレード風景です。
この地方の部族の典型的に衣装でその昔の漫画ゲゲゲの鬼太郎に出てくる妖怪のモデルになったので、涼しい中でいい正月を過ごせました。

また次回の店長日記を楽しみにして下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>


▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html


店長
南澤

↓↓↓友人のニックと店長↓↓↓  

異常な暑さなので、ニックはいつも短パン。

↓↓↓現地の民族衣装↓↓↓


 

パプアニューギニア日記第23号 2008.11.21

日々寒くなってまいりましたが、
皆様いかがお過ごしですか
お風邪をひかないようにご注意ください
年末に向けて間もなく新商品をアップする予定です。
どうぞご期待ください。
パプアニューギニア日記第23号
今日はニューギニア滞在中の無二の親友であった愛犬ブラッキーについてお話させて頂きます。
私が赴任したときから、住まいとセットのようにいたのがブラッキーでした。
聞くところによると、私の世話人であったバティが誰かに頂いてきたようです。
私が家にいるときもいないときも、2階のベランダでずっと寝ていました。
とても大人しく可愛い犬でしたが、その分番犬の役割は果せませんでした。
あるときブラッキーに彼女が出来て、子供が生まれたのです。
その赤ちゃん犬が写真で私が抱いている犬です。
本当に可愛らしくてほっておくと心配になりました。
ブラッキーもその赤ちゃん犬も私にとってはかけがえのない家族のような大切な存在でした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>


▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html


店長
南澤

パプアニューギニア日記第22号 2008.8.27

日々秋の気配を感じるようになってきました
皆様いかがお過ごしですか?
さて私どもガウディショップも装いを新たに
リニューアルオープン致しました
お客様によりわかりやすくメンズとレディースと商品で分けさせて頂きました
またリニュアル記念特典として9月25日までは割り引きをさせて頂いておりますので
本当に価値のおわかりになるお客様、是非この機会にお買い求めください
パプアニューギニア日記第22号
今日は前にもお話ししたことのあるパプアニューギニア滞在中に親友であったイギリス人
ニックのことをお話したいと思います
彼は退屈な生活が嫌で祖国イギリスを捨ててきたと自分で言うくらい変わった人間(?)で
ニューギニアでもゴーイングマイウエーという感じで、現地に溶け込もうと言うよりは
あっちこっちで問題を起こし私滞在中も何度も喧嘩や悪いケースは警察沙汰にもなっていました。
彼いわく自分は正しいとのことでしたが、公平に考えて彼も私と同じで現地ではやはり外人でしたので
どっちが正しいと言うより、現地の人たちのことを理解する気持ちも必要ではないかと
私は考えていました。
そんな彼でも私には唯一常識が通じる相手と思ってくれていたのか
毎日心を開いて接してくれていました。
やることもなく暇のせいもあって、ほとんど毎晩我が家に来て、
料理を作ってくれたり、夜中までニック持参のウィスキーと葉巻で過ごしたり
時にはかなり厳しい私の英語教師になってくれました。
また毎週土日があまりにも暇なので、ニックの発案でバトミントンとしようということになり、
首都のポートモレスビーまで行ったときに、ネットまで買い揃えました。
後に話が大きくなり私の家の近くキリスト教のボランティア団体の運営する
教会や病院のスタッフたち(オーストラリア人、ニュージーランド人)たちとバトミントンの
トーナメント大会を開催したりしました。
30人くらい参加しまるで小さなオリンピックの様でした
お蔭様で日本代表の私が優勝しました。
当時はまだ若くて運動神経もよかったのだと思います。
ニックはそんな乱暴な男でしたが、未開の地で一人で生きていた私には
勇気を与えてくれて感謝しています。
間違いなく忘れられない男の一人です

           

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>


▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html


店長
南澤

パプアニューギニア日記第21号 2008.7.31

皆様お元気ですか

毎日暑い日が続いております。

皆様水分をよく摂り、充分な睡眠を心がけてください

さて今回は現地の子供たちについてのお話しです。

前回お話ししましたバティ夫婦にも子供が1人いて

女の子で当時まだ2歳か3歳くらいだったと思います。

現地では私のような外国人のことをタオバダイと言い

いつも私のことを”タオバダイ タオバダイ”と呼びながら

1日に1回私のいる2階に一人で一生懸命ヨチヨチ歩きで

上がって来ていました。

小さいながら私と親しくしようと頑張ってくれてたのだと思います。

彼女と犬のブラッキーは私にとってかけがえのない友人でした。

もう今頃は20歳くらいになっている筈ですが、どうしているかなと

とても懐かしいです。

前にもお話ししましたように現地は一夫多妻でしたので

それもあってか子供はたくさんいました。

積極的に私に話しかける子供が多く、とても友好的でした。

評論家みたいな発言ですが、最近陰湿な事件が多い日本と比べると

テレビやおもちゃなどがあるわけでもありませんでしたし、

塾や習い事をするわけでもありませんが、

大自然の中で本当に伸び伸びと健康的に毎日生活していて

子供にとってはこの方が良い環境なのかなと思います。

それではまた

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>

▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html


店長
南澤

080731店長日記写真2

080731店長日記写真1

パプアニューギニア日記第20号 2008.7.22

皆様お元気ですか

連日の猛暑でバテバテな日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
こういう時は適度に休んで無理しないことが一番ですね。

今日は私パプアニューギニア滞在中に大変お世話になったバティご夫妻についてお話します。
私の住んでいた家は木造2階立てで、私は2階に住み、彼らは1階に住んでいました。
彼らは私の身の回りのお世話特に食事を用意してくれるのですが、
特別に牛肉があるとか、鶏が手に入ったとかない時は、鮭缶とコンビーフの缶詰めとお米のセットの
繰り返しで、さすがに飽きてきまして、食欲も落ちてみるみる痩せてきました。
それでも体力を維持するために極力食べるようにしていました。
一番困ったのは野菜がないことでした。
野菜を食べないことで、ビタミンが不足がちになり皮膚に変な出来物が出来ていたのを思い出します。
私の世代は生まれた頃から食べ物の苦労などしたことがなく、
本当に恵まれていたんだなとあらためて親に感謝しました。

食事の面倒をかける代わりに1ヶ月分のお米は私が買ってバティ夫妻に渡しておりました。
よくお米がなくなるのが早いなと感じることがありましたが、
どうも夜中に友達などが遊びに来ていて、皆で食べていたようです。
外国に来てお世話になっている身分でしたので、
そのくらいはと、何も言いませんでした。

バティ旦那とはよく夜中に暑くて眠れないときに、外に出て日本のことなど
話したことはとても懐かしい忘れられない思い出です

次回のパプアニューギニア日記を楽しみに!

バティ旦那との写真です↓↓
ハディ旦那

パプアニューギニア日記第19号 2008.6.17

皆様お元気ですか

蒸し暑くなってくると、パプアニューギニアの事を懐かしく思い出します????????????

乾季は本当に長い間雨がまったく降らなくなりますのでそこらじゅうが、埃っぽくなります。
道路と言っても舗装されているわけではなく、自然に出来上がったようなものですので、
たまに車が通るとものすごい埃です?????????i?????U?????j

風呂もシャワーもなく、ドラム缶に水を溜めて水浴びをしていただけなので、雨が降らなくなると、
当然ドラム缶の水もなくなりますので、そうなると仕方なく、近くの川や沼に行って水をかぶっていました。

ドラム缶の水浴びでも川や沼でも海水
パンツ着用でしていましたが、
現地の人々にはそれも面白いらしく、たくさんの見物人が見ていました。

二度と出来ない貴重な体験の1つです???[???i?????????j
クリックしてみて↓

19

次回はまたニューギニア日記になりますので、ご期待ください。

パプアニューギニア日記第18号 2008.5.23

皆様お元気ですか

久しぶりにパプアニューギニア日記に戻ります。

今回は現地の生活で毎日の様に付き合っていた蚊の話です。
特に雨季になると蚊が大量に湧きます。
食事をしていると、食べ物を食べているのか蚊を食べているのか
わからないくらい口の中にも侵入してきます。
日本はよく蚊がうるさくて眠れないとか、蚊に喰われて痒いとか言いますが、
現地ではあまりにも大量で慢性化し、気にならなくなります。
そんな中、日本の蚊取り線香とか殺虫剤はかなりの威力をはっきしていました。
現地でも有名になるほど、強力でやはり日本のものはすごいなぁと感心していました。
それと蚊帳は寝るときの必需品でしたが、これもやはり日本製のものは素晴らしいということで
帰国時に何人もの人から欲しいと言われました。
笑い話ですが、現地では雨水を沸かして飲んでいたのですが、
それでも常にお腹をこわしていたのです。
あるとき、急な腹痛に襲われ、慌ててトイレで用を足そうとしたところ
お尻をだした瞬間いっきに大量の蚊にお尻を襲われ、大変な目に合いました。

詳しくはご想像にお任せ致します。
それではまた次回をお楽しみに
↓【蚊帳】

蚊帳PIC

パプアニューギニア日記第15号 2008.02.18

パプアニューギニア日記第15号

毎日大変寒い日が続いております。
風邪を引かれている方も多いかと思います。
皆様くれぐれもご自愛ください

本当にお久しぶりですね
私は取引きのあるお客様にテレビ出演を依頼され、
ハンドバックの販売にご協力したり、
多忙な日々が続いていて
中々日記が書けずに申し訳ございませんでした。

さて今回はニューギニアでの休日の生活をお話したいと思います。
お店は毎週土曜日は午前中だけで日曜日は完全に休みとなっておりました。
ワニがたくさん生息するような場所でしたから、
周りは川や沼がたくさんあり(乾季は水がなくなる)
水浴びしたり、クルマを洗ってしていましたが、
他に行くところもなく、
ただボーッとしていたり、日本から送ってもらった本や雑誌を読んだり
時間が本当にゆっくり流れていく感じでした。
人生の中でそんな時間を過ごしたのは初めてのことでしたので
いろいろな事を考えたものです。
特に我が国日本のことは客観的に考えることが出来て
いま振り返ると懐かしく思います。

ちなみに雨季と乾季が本当にはっきりしており、
特に乾季は村全体が埃まみれになり、外出するのも嫌になり、
逆に雨季は蚊が異常に発生し、ご飯を食べているのか
蚊を食べているのか わからない程です。

パプアニューギニア日記第12号 2007.05.16

パプアニューギニア日記第12号 2007.05.16

夏が少しずつ近づいているようで、蒸し厚い日が続いていますが、

皆様くれぐれも体調を崩されませんように。

今日は私のパプアニューギニア滞在中の一番の恐怖体験をお話します。

ある日店のスタッフの一人マークという当時18歳くらいの若者が

突然店を辞めたいとのこと。

理由ははっきり言わないのでよくわかりませんでしたが、

そのマークは実は店に借金があったのです。

金額は覚えておりませんが、そんなに大金ではなかったと思います。

当然のことながら、辞める前にその借金を返すように言ったところ、

急に自分の家に戻り、弓矢を持ってきたかと思うと、

私目掛けて弓を引き、矢を打ってきたのです。

何発か打ってきて、運よく一発も当たらなかったのですが、

本当に死ぬかと思いました。

今だから冷静に語れますが、その時は本当に怖くて親の顔が頭に浮かんだ程です。

最近拳銃による事件が多いですが、道具が違うものの

その恐怖感は想像できます。

最終的に個人的に親しくさせて頂いていたフィリピン人の家に保護され、

2日間くらい泊まらせてもらいました。

聞いたところによると、そのマークは自分の出身村に帰ったそうですが、

日本から軍隊が攻めてくるのではないかとビビって暮らしていたようです。

パプアニューギニア日記第11号 2007.04.10

パプアニューギニア日記第11号 2007.04.10

なかなか天候が安定しませんね。

皆様くれぐれも体調を崩されませんように。

聞くところによると、パプアニューギニアも天候が安定していないようで

世界的な現象なのですね。

◇■◇◇■ 問題児のアワニ君◇■◇◇■

職人さんのお話を続けさせて頂きましたので、

今回はニューギニアの話しに戻したいと思います。

先日お話した最大の問題児アワニ君のことです。

ビールが欲しくて大暴れしたところまではお話したと思いますが、

実は次の日の朝早く、私の住まいの階段の下(2階屋の2階に住んでいました。)で

大きな身体を丸めるようにして、しくしく泣いているのです。

男が泣いているだけでもビックリなのに、

前日みせた野蛮人の様な素顔からは想像も出来ないような子供のような顔で

泣いているのには、ビックリするやら呆れるやら、

友人のニックに聞いたら、会社をクビにされるのを怖れてのことだろうと

酔いが醒めた瞬間から冷静になり、クビを心配しだしたのだろうとのこと

逆に言えば、そのくらい単純で素朴なのです。

私はニックのアドバイスもあり、店員全員の前で今度同じことをやったら

もう辞めてもらうと本人に言いました。

それ以来こんなことはしなくなりましたが、後日女性のスタッフから

時々アワニが店の商品を万引きしてるとの報告がありました。

日本の上司にも相談しましたが、やはりこういうケースは現行犯で捕まえるしかないだろうと

それ以来アワニをよく観察するようにしていましたが、

私の赴任中には何も起こりませんでした。

残念なようなホッとしたような複雑な気持ちでした。

現地の人はアワニ君ほどではないものの、基本的には単純、素朴で可愛い人間が多かったです。

次回は私一番の恐怖体験についてお話します。

乞うご期待


◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!


是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>

▽▼▽▼▽▼▽▼▽新情報▽▼▽▼▽▼▽▼▽

10年以上クロコダイル業務を勤めてきた南澤店長が、

クロコダイルレザーの豆知識を披露いたします!

↓↓↓↓

http://gaudie.seesaa.net/category/2916175-1.html

パプアニューギニア日記第8号 2007.02.16

パプアニューギニア日記第8 2007.02.16

暖冬ということで、暖かい日が続いております。

本当に変な気候ですね 地球が心配になります。

それはおいて皆様体調を崩されないようにご注意ください

私ももうすぐ嫌な花粉症の時期が近かづいていますので

少し憂鬱な気分ですが、花粉症に負けないように頑張ります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇ニューギニアでのパトロール◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日は定期的に行っていたワニ革集荷のパトロールについてお話します。

何故パトロールと言うのかよくわかりませんが、

私が滞在していた究極的な目的はワニ革を集めることでしたが

店で待っているだけでは、なかなか集まりませんでしたので

月に一度はこちらから集めに行かなければなりませんでした。

まず私が滞在していた場所はBalimo(バリモ)という村で、

パプアニューギニアで二大河川の一つフライリバーという川の流域にありました。

このフライリバーにはかなりの数のワニが生息しており、

種類としてはニューギニアワニ(別名ラージクロコ)とイリエワニ(スモールクロコ)

なります。スモールクロコについてはご存知の方も多いかと思いますが、

宝石と呼ばれるほど鱗が綺麗でワニ革の中でも最高級品です。

さてパトロールですが、出発する1週間まえくらいに無線を使って各村に

パトロールに行くことを伝えます。そうすることによって村人達は事前に

我々に革を売るために用意しているのです。

ディンギと言う5人乗りくらいの細長い船(ディズニーランドのジャングルクルーズ

で乗るのと同じ船です。)

と普通のボートの2隻にヤマハのエンジンを載せて出発します。

一度パトロールに出ると最低23日は帰れませんので、ある程度の食料と

ごついスタッフを45人連れていきます。

夜は野宿になりますので いつどこから盗賊が襲ってくるかわかりませんので多い方が安心でした。

パトロール中のエピソードについて次回お話し致します。

笑える話もありますから是非ご期待ください

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/ <!!日々更新中!!>

パプアニューギニア日記第7号 2007.02.05

パプアニューギニア日記第7 2007.02.05

冬なのに暖かい日が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか。

今日スタッフミーティングを開き、今後計画している商品について打ち合わせをしました。

これからうちのデザイナーの自信作が目白押しです。

ご期待ください。

さて今日は店の副店長であるアワニという人物についてお話しします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇副店長 アワニ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

他の人の話では、元々警察官だそうですが、警察官時代に酒に酔って

人を殺してしまった経験があるという凶暴な男で

ニューギニアの法律では殺人でも1年くらいしか刑務所に入らないそうです。

なんとも怖い話でそこらじゅうに殺人犯人がいるような状況ですね

かえって泥棒の方が罪が重いとか

ある時こんなことがありました。

現地では皆ビールが好きで うちの店でもよく売っていました。

ただビールの入荷が月に1回あるかないかで、

あったときはあっという間に売り切れになります。

ただ法律で販売していいのは夜の9時までです。

たまに9時を過ぎても在庫が残っていることがありましたが、

そういう時は厳重に店に鍵をかけ、スタッフや親しい人が来てビールを欲しがっても

断るようにしていました。

その日私は友人のニックと食事をして、コーヒーを飲んでいました。

たしか10時ころだったかと思います。

酒に酔ったアワニが突然私の家のドアをノックし、ビールが欲しいとのこと

あまりにも大声を出しているので、身の危険を感じた私はドアに鍵をかけ

だめだから帰って寝るように言いました。

帰った様子でしたが、2分くらいすると私の家のドアがものすごい音がしだしました。

脇から見てみると、なんとアワニがブッシュナイフでドアごとぶち破ろうとしているではありませんか。

友人のニックはさすが余裕でニヤニヤしていますが、私は殺されるかと震えていました。

震えたまま20分も経ったでしょうか やっと静かになり諦めて帰ったようです。

この話には後日談があり、次回お話します。

酒に酔うと全然コントロールが効かない野生動物のような人たちでした

◇◆◇◆◇◆◇◆◇店長からのお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/ <!!日々更新中!!>

パプアニューギニア日記第6号  2007.1.26

パプアニューギニア日記第6号  2007.1.26

店長の南澤です♪

もうすぐバレンタインデーですね♪

ガウディのスタッフたちが一生懸命バレンタインデーイベントを用意しております!

皆様どうぞお楽しみにしててくださいね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇国が変われば美人も変わる!?◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今回は来月に控えたバレンタインデーにちなんで
現地の女性についてお話したいと思います。

写真の女性が私の暮らしていた村一番美人と言われていた女性です。

すこしコメントしづらいのですが。。。美人の基準が国によってかなり違うようです。

現地ではこのようにふくよかといいますか・・・体格のいい男勝りな女性が

たいへんよくもてていました。

何故だろうとよく考えたものですが、趣味の問題もありますし、

歴史や文化が違えば価値観も違いますもんね。彼女はうちのスタッフで

あまりにも美人だと皆が言うものですから、あえて店のレジ係りをさせてました。

彼女がレジに座っていると、売上もよかったですよ。

それと、いま思い返してみると、バレンタインとかバレンタインデー

とかいう言葉はあちらでは、聞きませんでした。皆知らないようです。

キリスト教はありましたし、教会もありましたが、そういう文化はなかったようです。

余談ですが、パプアニューギニアという国は一夫多妻の国で、

私のまわりでも奥さんが2〜3人いる人がたくさんいました。

もっともうちのスタッフにもいましたが、彼はお金があまりありませんでしたので、

給料を分けるのがたいへんそうで、よく喧嘩になり、私の家に避難して来ました。

あちらは女性も怒るとすごくてブッシュナイフで旦那さんを切りつけるほどです。

一般的に一夫多妻って男にとっては天国のように聞こえますが、

実際はその逆なのではと感じた日々でした。

ともかく、ここは日本です!


皆さん素敵なバレンタインデーをお過ごし下さい♪♪

◇◆◇◆店長からのお知らせ◇◆◇◆

ガウディクロコダイル通信のバックナンバーやスタッフの日記をブログにしました!

是非下記のURLまでお越しくださいませ。

http://gaudie.seesaa.net/← <!!日々更新中!!>

パプアニューギニア日記第5号  2006.12.30

パプアニューギニア日記第5号  2006.12.30

店長の南澤です。2006年の残りはあとわずか。今回、ガウディのスタッフたちは

お正月を迎え、初詣特集、超お得な福袋、お年玉等、クロコダイルグッズと一緒に

例年とちょっと違う斬新なお正月をすごすのはいかがでしょうか。

さて、せっかくなので、今回はニュギニアのお正月について、話しましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇ニュギニアのお正月◇◆◇◆◇◆◇◆◇

パプアニューギニア全体ではないと思いますが、一番困ったのが食べ物です。

まるでないわけではないのですが、天然の果物例えばパイナップル、バナナ、椰子のみ

以外は日常食べるものと言えば店でも売っていた缶詰のシャケとコンビーフ肉が食べたいと

なると、牧場がクルマで15分くらいのところにあって、そこで牛1頭まるまる買うことになります。

店の隣でよく即席の市場が開かれ、そこで肉が売られていることがありましたが、電気が

くる時間が短時間で冷蔵庫もありましたが、売られている肉が新鮮かどうかわからないし

本当に食べたい時は1頭買うしかない状況でした。たしか金額は日本円で1万円くらいだったかと

思いますが、金額よりも1頭丸では量が多すぎて、店のスタッフやら知り合いに配らなければ

なりませんニワトリの場合は1羽買ってもそれほどの量ではないのですが、牛1頭ではどうにも

ならないため余程食べたいときとか、スタッフ集めてパーティーでもしない限りは諦めていました。

さて正月ですが、せめて元旦くらいは餅を食べたいと、日本からサトウの切り餅を送ってもらい

一人で火をおこして焼いていると、スタッフがそれを見て石瞼を焼いていると勘違いし

気がつくとたくさんの人が心配して集まってきていました。考えてみれば現地の人

とって餅など知らず、たしかに石瞼に見えますね

いま思い出すとそれも楽しい思い出となりました。

◇◆◇◆店長からのお知らせ◇◆◇◆

GAUDIEクロコダイル通信のバックナンバーとスタッフの日記をブログまで。

ご覧になってくださいね!http://gaudie.seesaa.net/

パプアニューギニア日記第4号  2006.12.19

パプアニューギニア日記第4号  2006.12.19

店長の南澤です。クリスマスまであと一週間。ガウディショップで、
今開催中のクリスマス限定企画は最後の二日間に入りました。
まだ彼女、彼氏のクリスマスプレゼントに悩んでる方々、
是非このチャンスを見逃しなく、レザーの宝石と言われてる
クロコダイルレザーグッズをゲットしてください♪


◇◆◇◆◇◆◇◆◇懐かしい友人のニック◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はパプアニューギニアでの私の休日の過ごし方についてお話します。
お店は月曜日から土曜日まで営業しており、毎日曜日がお休みとなります。
さてここで私のプライベートの友人を紹介しましょう。


名前をニック ブラックバーンと言いイギリス人です。
彼とは私パプアニューギニア滞在中の大親友として、
かなりの時間を一緒にすごすことになります。
私よりも6歳くらい年上で当時30歳くらいだったかと思います。
イギリスの生活が退屈すぎて、エキサイティングな生活を求めてはるばる
パプアニューギニアに移り住んできた変わり者ですが、頭が良く、
勇気もあっていろいろなことを教えてくれました。


彼の仕事はニューギニア政府からお金をもらって、ジャングルに道路を
作ることです。道路と言ってもただ木を切り倒して、人とクルマが通れる
スペースを作る程度ですが。はじめて会ったときから、私には親しく接して
きてくれて、私日本への帰国時には観光兼ねて日本まで一緒に来てしまいました。


かなり親しくなってくると、毎日の昼と夜に我が家に遊びにきて、昼食や夕食を
一緒に食べるようになりました。彼は料理が好きでたまに牛肉でステーキを
作ってくれます。これがまた美味しいのなんの。現地の食料事情については、
後日談とさせて頂き、ここでは割愛します。


夕食後と毎日曜日はよく英語のレッスンを私にしてくれて、その後多少なりとも
喋れるようになったのも彼のおかげと感謝しております。英語のレッスン以外の
日曜日はよくクルマでジャングルの奥地までドライブに行きました。


クルマを運転しているとよく、ドアにすごい衝撃があり、みてみるとワラビーという動物が
ぶつかってきて倒れています。ワラビーには可哀想なのですが、貴重な食料として
持つて帰って料理して食べます。

パプアニューギニア日記第3号 2006.11.29

店長の南澤です。

風邪が流行っているようですが、皆様是非十分ご自愛くださいませ。
久しぶりにパプアニューギニアの秘話を続けましょう♪

◇◆◇◆◇◆◇◆◇ニューギニアの副業?!◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ニューギニアでメインな仕事は、現地の人が捕まえたワニ革を集めること。
<註:集めるのです。自ら捕るではないのですよ。>

と言ってもそんなに集める仕事があるわけではなく、
日中は会社が合弁で経営しているスーパーマーケットの店長として
店の運営をしておりました。
⇒ということで、私の副業はなんと、現ニューギニアのスーパー店長でした。

向こうではスーパーマーケットと地元の人々は呼んでいましたが、
あまりの奥地ゆえ、品揃えが悪いのなんの。
商品は船に乗って予定では月一回店に届くことになっていましたが、
実際は2〜3ヶ月に一回、しかも店のトラックで船着場まで取りに行くことになります。
このことはまた後で詳しくお話します。

店は私と前回写真の警備員「オールドマン」(本当にこう呼んでいた)もいれて8人。
ただし、たまに人数を数えないと増えていたりするのです。
気をつけないと本当に10人に増えていることがありましが、
本当に困ったことで、顔が皆同じようで誰が増えたかわかりませんでした。

ニューギニアという国は何百という部族がいて、それぞれ言葉も習慣も違います。
店のスタッフも二つの異なる部族に分かれるため、些細なことでいざこざが絶えませんでした。
また基本的に原始人に近いので、本能まるだしで怒ったり、泣いたりの繰り返し、
そんな日々の生活をこれからお伝えしていきます。


◇◆◇◆店長からのお知らせ◇◆◇◆

GAUDIEクロコダイル通信のバックナンバーとスタッフの日記をブログまで。

ご覧になってくださいね!→http://gaudie.seesaa.net/

ページトップへ